保護猫カフェとは 里親募集で引き取れる!?

 

 

こんにちは、ねこけつMです。

先日Twitterで猫を飼いたいと言う方がいらっしゃったので保護猫カフェをすすめるとめちゃくちゃ感謝されました、てれれ。

そのやりとりでわかったんですが、どうやら世間では猫カフェは知っていても保護猫カフェはあまり認知されていない、というのが一般だったらしいのです。

 

ということで今日は、私とみつひな達も出会った保護猫カフェについてお話ししたいと思います!

 

 

 

 

 

保護猫カフェとは?猫カフェとの違いは?

 

まず、普通の猫カフェは割と純血種の猫ちゃんばかりいるカフェです。

有名どころで言えばアメリカンショートヘアロシアンブルーラグドールなどから始まり、ノルウェージャンフォレストキャット、シャム、メインクーン、なんと珍しいスフィンクスまでいるところもあります!

 

対して保護猫カフェは純血種に限らず(店自身が保護、または保護主さんから預かって店がお世話をしている)元野良猫がいるカフェです。

お店にもよりますが里親募集をしているところが多く、大抵は、

 

  1. パートナーとなる猫に出会う
  2. 一週間からの里親体験
  3. 体験期間中、人と猫の相性を見る
  4. 相性が良ければ、正式に引き取り→無事家族に!

 

という一連のシステムがあり、猫と猫を探している人の出会いの場となっています。

猫カフェとの違いは店員の猫が保護された野良猫や捨て猫、かつ店のほとんどが里親募集をしているというところです!

 

 

みつとひなも保護猫カフェ出身

 

ちなみにうちの満月千代(みつちよ)と陽蜜(ひなみつ)も和歌山県和歌山市にある猫・夢空間 気ままなみーこという保護猫カフェで出会い、家族になりました。

 

nekomiiko.ikora.tv

 

店主のみーこさんは猫について知識も深く、かつ人慣れさせるのがとっても上手な方で、カフェで一定期間育てられた猫のほとんどがまったく人見知りをせず(ひなは例外でかなりの人見知りでしたが笑)、特に子猫は膝の上で寝たりしてくれます。ああ〜かわえかわえ〜^

 

料金は30分 500円
   60分 1000円
   3時~5時30分は お得なフリータイム 900円
   ◎いずれも ドリンク付

 

で、めえええっちゃ安い!!他の猫カフェだと平気で倍はしたりします!

近くに住んでる方は是非〜〜!大阪からもたくさんお客さんが来るそうです😌

 

 

私の場合週1、2回ほど足繁くカフェに通い、しばらく経ってひなとみつに出会いました。

諸事情によりひなみつそれぞれ異例の一ヶ月という長い体験期間を経てようやくうちの子になってくれました。

まあ体験期間の時点で家族だ!と勝手にねこけつは思っていましたが…笑

 

 

f:id:r_rouge_e-ln-m:20170924180551j:image

来たばかりのみつ。変わらぬ凛々しさ

 

またみつとひなとの馴れ初めも詳しく記事にしたいと思います!お楽しみに、ドゥフ^^

 

 

保護猫カフェをおすすめしたい理由

 

もし確固とした決意でこれこれこういう純血の猫と暮らしたいんだ!!というのであれば特段止めはしません。 

ペットショップやブリーダーさんから引き取って、その猫さんとドチャクソ幸せになってください、お願いします。

ただ、特に猫の種類にこだわらないのであれば、ぜひ保護猫カフェにいる猫さんをお勧めします!!

 

 

理由は大きく5つ!

 

  • 保護猫カフェの猫は人慣れしている場合が多い
  • 体験期間により事前に相性の確認ができる
  • 野良猫は純血の猫より体が丈夫!
  • 購入するよりはるかに初期費用が安いので、猫グッズに思う存分お金がかけられる!(猫によりますが、ワクチン代や去勢避妊手術代のみ、完全無償の場合もあります)
  • 野良猫を引き取ることによって店側が新たに他の野良猫を保護することができ、保健所で殺処分される猫が減る

 

 

猫好きにとってはもう正直良いことづくしです。

だから猫と住みたいそこのあなた!ペットショップに行く前に一度は保護猫カフェに行って猫さんたちに会ってみてください!

ガラス越しでは味わえない生の猫とのふれあいにメロメロになること間違いなしです。

そして無事里親体験して家族になったらねこけつに教えてください(はあと←

 

 

日本はクソほどペット後進国

 

驚くべきことに、28年度の統計では犬猫合わせて5万6千匹も保健所で殺処分されています。

そのうち猫は4万6千匹ほぼ猫!!

それもこれも日本には利益重視で動物を売るペットショップ無責任に動物を捨てる人間が存在し、かつ政府の甘くテキトーな対応のせいなんですよね。

 

先進国のうち、ドイツでは『ティア・ハイム』という保護シェルターが存在し、90%くらいの人はブリーダーよりそちらから犬や猫を引き取ります。いいなあそういうの!

日本でも保護シェルターは存在しますがほとんど非営利団体だったりするんですよね。

 

個人的には従業員雇ってみんなでお世話していく方がもっと犬猫を保護できると思いますが、まあそれは最初にめっちゃお金が必要やからな… 

あ、でも、犬猫の世話はボランティアが当たり前みたいな風潮ってどうなんでしょう?

それが好きな人はいいけど、労働には対価がついて当然だし、対価を金銭でもらったらめっちゃ助かる人もいるよね。まあ、声を大にしては言えない雰囲気だけど。

 

お金持ちになったらそういう保護シェルター設立したいなあ。

もちろん従業員雇う感じで、ドゥフ^^

 

 

結論!

 

猫好きならペットショップに行く前に保護猫カフェに行け、行けばわかる。以上。

 

 

余談

 

猫カフェの話でちらっと出しましたがちなみに私スフィンクスめっちゃ大好きなんです!しかし、一般的な猫の姿からは少しかけ離れているため一部コアなファンにのみ超人気、というのが現状……。

 

わずかに短く生えている産毛のように生えている毛はベルベットのように手触りがよく、一度触ればそれに虜になる人も多いといいますので皆さん是非触らせてもらってください!そしてスフィンクスファン増えてくり〜〜!!

まあ私はまだ出会ったことすらないんですけどね…早く会いに行きたい

(ドラゴンボールのビルス様のモデルとなった猫さんなので興味のある方は是非検索検索ゥ!)

 

ではまた〜〜!!