日々のこと

仕事辞めました! これからどうするか…

 

 

 

こんにちは、ねこけつMです。

ついひと月ほど前くらいからデータ入力がメインの事務職に就かせていただいていたのですが、この度退職しました(白目

 

いやお前wwwはやすぎ…とお思いの方もいるでしょう。

私もそう思います。激しく。

まさかひと月で辞める事になるとは露も思わなかったのですが…今回その経緯についてお話ししていきたいと思います…。

 

 

 

 

【9月末】待ちに待った事務に就職!

 

知人に紹介された派遣会社から有名な保険会社の事務に就職決定したのが9月の暮れのこと。

 

初めてアルバイトという形以外で仕事に就けた!というのもそうですが、

何より自分がやりたかったデータ入力メインの事務につけたことが嬉しくて仕方ありませんでした。

 

自分が得意なタイピングを生かしてばんばん仕事をこなしていこう!と、その時は思っていたのです…

 

 

 

【10月初頭】会社は真面目すぎる雰囲気…でも事務仕事楽しい!

 

10月からは片道50分かけて念願の職場に通うことに。

 

往復二時間弱の通勤は数ヶ月ニートしてた自分には堪えましたが、仕事自体はひたすらタイピングしたり書類整理したり楽しかったので気になりませんでした。

 

ただ職場は私よりも年上の人しかいなくて、かつ仕事中は一言も喋ることを許さない張り詰めた空気の漂う場所でした(原因は後に判明します)。

 

しかしひたすら仕事楽しい!な私にはそんなことは些末事に過ぎず、只々仕事してお金もらいたい人間として日々過ごしていました。

 

 

 

【10月第2週】あれ、もしかして上司に目つけられてる?

 

仕事楽しいよウオオオ!!な最初の勢いは(エブリデイ満員電車な)会社通いの蓄積した疲れによって大幅に失速し(早い笑)、朝は少し腰が重くなってきた第2週目。

 

仕事は少しずつ慣れてきて、周りの様子も伺えるようになった頃。ふと気がつきました。

 

(あれ?なんかわからんけど、上司めっちゃこっち見てね??)

 

私の勤めるフロアでは、机が8個あって、1列4個に並び前の人と対面しながら仕事をする形になっているわけですが(長方形を8等分した感じ?←わかりづらい!笑)、パソコンモニターの配置上、なぜか私だけ!斜め左前に座っている上司から仕事中常丸見えな状態でした。なんでや

 

おかしいとは思ってたんですよ!だってやたら視線を感じるし、仕事で悩んでタイプする手が止まったらすぐ上司が飛んできて「何かわからないことありますか?」「ちゃんとやってますか?」とか言いに来るし!そんなん…オメー絶対めっちゃこっち見てるじゃん!!?!なんなの!!?!

 

 

ちなみに同期(28)は私みたいに丸見えデスクじゃないんで上司襲来による被害を全く受けてません。なんでやねんずるい(ギリギリィ…

 

 

こうして上司に見られていることに気付いた私はみるみる仕事のスピードが落ち、ミスを連発するようになりました。

 

昔からそうなんですが、私は人に見られてると仕事の効率が1/10に下がってしまうと言う呪いの装備もびっくりな固有スキル(?)を持っています……なのであとはもうお察し、何もかもガタガタと崩れ落ちていく一方でした。

 

 

 

【10月第3週】なんだかとても息苦しい…そしてすごく眠い

 

なるべく意識しないように心がけて仕事するようになった第2週目。

仕事中ある変化が起きました。

 

朝すっきりした状態でデスクにつきパソコンを立ち上げ、よーし仕事するぞ!と思ってカタカタ打ち始めた時。

 

(なんだろう、酸素がすごく薄い…あとめっちゃ眠いやんけ…)

 

急に息苦しくなり、酷い眠気が襲うようになったのです。

 

どれだけ深呼吸しても!

トイレで5分寝ても!!

ハッカのアメちゃんを食べても!!!

 

全く治る気配がありません。

どうしたことか…悩みながら頑張って仕事をしていても上司は空気を読まずに、

 

「大丈夫ですか?ちゃんとやってますか?」

 

などといきなり背後に現れては問いかけてくるもんだからウザいったらありません。俺の後ろに立つな(迫真

 

改善しようという努力むなしく日増しに息苦しさと眠気は増していきました。

しかしそれと同時に上司のウザさと仕事の難しさも増していったのでもうどうしようもありません笑笑(笑えねえんだよ…

 

この頃から段々家事がこなせなくなってきました。

 

 

 

【10月第4週】休む回数が増える。仕方なく病院に行くことに

 

第3週あたりから、毎日通うのがとても辛くなっていきました。

仕事を始めると襲ってくる息苦しさは健在で、それによって眠くなると最早監視員レベルに達した上司が飛んでくるというルーティーン。

 

家に帰ってもKさんのための料理でさえ喜んで作ることが出来ず、掃除も洗濯もおろそかに…

 

これはまずいと思い、休みをもらって病院に行くことにしました。

正直この日頃のしんどさが内科なのか何なのかわからなかったので、内科と心療内科が入ってる病院を予約して診てもらうことに。

 

 

病院やだなー注射されるのかなー先生怖いのかなー…と言う不安をよそにいざ診察となったら、注射はされませんでしたし先生はとても優しそうなおばちゃん先生でした。

 

先生「今日はどうしましたか〜」

私「仕事中息苦しくて眠れないんです。仕事以外の時もなんだかだるくて…」

先生「まあそうなの。もうずっとなの?最近何か嫌なことはあった?」

私「上司がずっと見てきて嫌なこと以外は何もないです…虐待してきてた義父が死んで今はすごくハッピーハッピーですう(こんな風には言ってません笑」

先生「あらそうなの〜」

 

こんな感じで15分くらい話したでしょうか。

幼少期から今までのことを(聞かれたので)ずらずら話していると予想以上に長くなってしまいました笑

穏やかそうに笑う先生がカルテを書き終わって、「ハイわかりました」と言って一呼吸置いた次の瞬間、

 

 

「うつの一歩手前です。お守り程度ですがお薬出しておきますね」

 

と言い放ちました。

 

私はというと「…はえー……」というなんとも情けない返事を返すだけでした。

 

もしかしたら心が疲れてるのかもしれない。

 

程度は考えましたが、うつの手前と言われようとは毛ほども思っていなかったのです。

 

 

先生によれば、息苦しくて眠くなるのも、日頃だるくてやる気が出ないのも、よくあるうつ病の症状だそうで。

素直に辞めることを勧められました。

 

 

 

【10月第5週】どうしたらいいかわからない。でも…

 

すぐに病気の事とこれからの事をKさんに相談しました。

その頃のことは疲れていて詳しい記憶は曖昧ですが、とても心配してくれて、

 

「すぐに辞めたほうがいいし、俺としても今すぐ辞めてほしい」

 

と言われました。

 

しかし私としては、せっかく就いた仕事なのにそんなにすぐに辞めていいわけない…と思い、大して仕事もできないのに未練がましく会社に通い続けようとしました。

 

でもまあ、やっぱり無理でしたね。

最後の日には、会社に行きたくないと早朝から一人で泣くようになりました。

 

 

 

【11月初頭】息絶え絶えに退職。

 

最後はメール一本で退職の旨を伝え、無事退職となりました。

派遣担当も(おそらく切る予定だったからか)わかりましたーと軽く返してやり取り終了。

 

やめてからもしばらく無気力やしんどさは尾を引いたので、辞めるならもっと早く見切りをつけておけば良かった…と思いました。

 

 

 

【現在】絶賛お仕事探し中。ブログもゆるゆると再開

 

今すぐ働きたいですがなにぶん現在人間不信ちっくなので、在宅で事務やデータ入力できたらいいなあと思って現在求職中です。

 

もしかして…ブロガーなら記事を書くべきか?と思って、何件かクラウドソーシングサイトを覗いてもみましたが…

 

 

単価ァwwwww安すぎ……

 

 

時給換算500円ってどういうこと?ブラックどころの話じゃねーじゃん!!

いくら初心者ライターばっかり集まってるからって最低限の時給は保証すべきやろ…世の中の闇を垣間見た気がする…^^

 

 

あと最近ようやくブログ再開しはじめました!

ブログデザインもちょこちょこ変更したり、下書きの記事を書きまくったり…

前職の時はしんどくて一切書けなかったので今とても嬉しいです。

 

あとは仕事が決まればな…!!誰かー!仕事くださいー!!←

 

まあ冗談(8割本気 笑)はさておいて、これからまた地道に色々頑張っていきたいと思います!

結婚式も延びたことだし←

 

それではまたお会いしましょう〜!

 

 

 

延びた結婚式はこちらです!!!親戚、テメーはいつかボコボコにする…(嘘

 

www.nekoketsu-m.com