猫の熱中症…「エアコンつけてるから大丈夫」じゃない!

 

こんにちは、ねこけつMです。

今年、暑すぎ!!!

大阪は連日猛暑日です…現在妊娠9ヶ月ですがよっぽどのことがないと昼間に外になんて出れません…。

外猫ちゃんたちもめっちゃ暑そう。お水はなるべく熱くならないように氷を入れたりして様子を見てますが…早くお家に入れてあげたいよ〜(泣

 

ところで猫飼いのみなさん、こんな暑い中なら当然日中エアコンはつけてますよね?

つけてない、とかそんな論外な事ないと思いますが念のため…つけてない人は今すぐつけてくださいね。

「でも日中いないから〜」とか、「毎年つけてないけどうちの子は平気〜」とか関係ないから!!

夏にエアコンつけない猫飼いは(気温20℃とかレベルの所に住んでない限り)非人間ですよマジで。

ある日苦しんで倒れて息絶えている我が子を見たくないなら今すぐつけるんやぞ。約束やからな!

 

「うちはエアコンつけてるから大丈夫ね」…と思った?

 

甘い。大丈夫じゃないんですよ。

そう、普通猫飼いは猫たちのために夏場はエアコンをつけているのが普通and常識かと思います。

でも、本当に猫は涼しいでしょうか?本当に、涼しい場所にあなたの猫はいますか?

 

猫は涼しさよりもお気に入り度を優先する

 

つい先日Twitterで見てゾッとしたツイートがありました。

 

そうなんです。

猫飼いの方なら高確率で心当たりあるかと思いますが、“猫は暑さよりもお気に入りの場所を優先”します。

つまり、お気に入りの狭苦しい場所や冷気の届きづらい場所、陽がガンガン当たりまくって暑い場所などにいると、例えそこがエアコンの効いた部屋であっても、猫はたやすく熱中症になってしまいます。

熱中症として病院に運ばれてる猫たちもそういうケースが多々見られるんだろうなと思うといかに人間の配慮が足りていないかが浮き彫りになりますね…。

 

愛猫を熱中症にさせないための確認事項

 

  1. まずエアコンの効いた部屋に猫を入れる
  2. エアコンのリモコンは手の届かない場所にしまう(間違って猫が踏んづけたりして暖房になった、なんて事は考えたくないですよね)
  3. 扇風機を回して冷気を循環させる
  4. 猫が入りそうでかつ、冷気が行き渡らない狭い場所は封鎖する(押入れや天袋、棚など)
  5. 日当たりの良い場所にも冷気が行き渡っているか確認する→行き渡っていない場合、日が当たらないように配慮する

ひとまず上記5点を最低確認ラインとして、在宅時はもちろん、日中や熱帯夜の外出時はとりわけ気をつけるようにしましょう。他にも、

  • 水をきちんと飲んでいるか
  • 呼吸が激しくないか
  • 舌を出してゼエハアしていないか…etc

などなど愛猫の状態には常に気を配りましょう。

毛皮に包まれた猫にとって夏は特に過酷な季節ですが、私たち人間がきちんと配慮することで猫たちの生活もぐっと快適に過ごせるようになります。

目指せ夏もにゃんことひんやりハッピーもふもふライフ!!(長い

 

つぶやき

 

本当に猫って狭いところ、日の当たるところが大好きですよね。

うちのみつとひなも気づいたら暑苦しいパントリーの日向で寝そべっていたり、冷気のこなさそうな部屋の隅っこでゆったりしたりして油断なりません 泣

妊婦になった今、他の人よりだいぶ暑がりになったのを実感しますが、猫は妊婦である私の数十倍暑いんですよね…ちゃんと気をつけないと!

夏もまだまだ続くので気を引き締めていきたいです。